読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【読書レビュー】年間100冊の軌跡

年に100冊読むと決めたので、その記録を残すためのブログ

【読書レビュー】『いますぐ「さすが」と言いなさい!』 吉田典史

このブログでは、毎回自身で読んだ本について、その内容と骨子をまとめたものを掲載していくものである。

 

f:id:manganogakumon:20160307231155j:plain

 

■お薦め度:★★★☆☆

 

■タイトル:『いますぐ「さすが」と言いなさい!』

 

■著者:吉田典史

ジャーナリスト。1967年、岐阜県生まれ。通信社、放送局、出版社で、夜逃げする社長から総理大臣経験者まで1200人ほどを取材する。2005年よりフリー。

 

 

<著者の主張>

会社を生きていくためには職務遂行能力だけでは不十分。

会社員としての処世術

 

<ポイント>

上司こそが部下の会社員人生を創る ⇒権力側に都合のいいシステム

 

プライベートが順調で他の仕事も順調だと「他責」が少なくなる。

「自責」にするには心の余裕が必要

 

上司にはうまく気づかせることが大切。

 

昇進には上司の支援が必要

 

上司に評価されるには具体的な根拠が必要

 

人脈を盗む

 

成功者の冬の時代脱出行動パターン

・いかなる時も感情論に走らない

・うまくいかない現状を冷静に受け入れる

・20代のころから得意分野を磨くことに力をいれる

・得意分野を社外の人もしくは社外での行動にさりげなく、あるいは密かに結びつける。

 

成功者は苦しい時期になると「これでよかったんだ」とまずはその現状を受け入れる姿勢を持っている人が多い

 

どれだけ成果をだしても、上司は人事評価を巧妙に使い、あなたをつぶすことができる。