読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【読書レビュー】年間100冊の軌跡

年に100冊読むと決めたので、その記録を残すためのブログ

【読書レビュー】『セクシーなマナー術―品のある女になる55のルール』 中谷 彰宏

このブログでは、毎回自身で読んだ本について、その内容と骨子をまとめたものを掲載していくものである。

 

f:id:manganogakumon:20160625131336p:plain

 

■お薦め度:☆☆

 

■タイトル:『セクシーなマナー術―品のある女になる55のルール』

 

■著者:中谷 彰宏

1959年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。84年に博報堂に入社。CMプランナーとして、テレビ、ラジオCMの企画、演出をする。91年、独立し、株式会社中谷 彰宏事務所を設立。ビジネス書から恋愛エッセイ、小説まで、多岐にわたるジャンルで、数多くのロングセラー、ベストセラーを送り出す。

 

f:id:manganogakumon:20160625131907p:plain

<著者の主張>

 

<ポイント>

■攻めのマナー

嫌われないマナーではなく、愛されるマナー

 

遠くから見て美人がチャンスをつかむ

 ⇒姿勢が大事

 

無表情はブスに見える

 

気づく力がマナーにつながる

批判していると気づけない

 

マナーで迷ったら、その場にいるみんながハッピーになれるやり方を選ぶこと

 

「どう?」は実は気付き力がある人はしない。

 ⇒相手が「わざとしたことに」気づこう。

 

特別な日にでなく、普通の日にプレゼントをする。

 

ポケットはモノを入れるところではない

 

人からどう見られているか先に考える人は、自分自身の軸がなくなって、必死になる。

 ⇒どう見られようが別にいい。

 

ドロの中に咲く花に、本当の美しさがある。

 

月見草は誰も見ていないところで美しく咲く。