読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【読書レビュー】年間100冊の軌跡

年に100冊読むと決めたので、その記録を残すためのブログ

【読書レビュー】『論点思考』 内田 和成

このブログでは、毎回自身で読んだ本について、その内容と骨子をまとめたものを掲載していくものである。

f:id:manganogakumon:20151103173747j:plain

 

■お薦め度:★★☆☆☆

 

■タイトル:『論点思考』

 

■著者:内田 和成

早稲田大学ビジネススクール教授。東京大学工学部卒。慶應義塾大学経営学修士MBA)。日本航空株式会社を経て、1985年にボストン・コンサルティンググループ(BCG)入社。2000年〜2004年BCG日本代表。2009年までシニアアドバイザーを務める。2006年には「世界で最も有力なコンサルタントのトップ25人」(米コンサルティング・マガジン)に選出される。

f:id:manganogakumon:20151103173921j:plain

 

<著者の主張>

ビジネスにおいて本当に大切なことはやらないことを決めること。

論点を正しく見極めることが大切。

「論点設定が上手」=「問題解決力が高い」

 

<ポイント>

「経営において最も重大な過ちは、間違った答えを出すことではなく、間違った問いに答えることだ。」 byドラッカー

 

論点は変化する。 

 人によって異なる

 環境とともに変化する

 深化する

 

芋づる式アプローチ 「なぜ」を5回繰り返す

 

「解決できるか」にこだわる

 

プロービング(深針)を行う

 質問をぶつけて反応をみる

 論点の仮説を立てる3つのアプローチ

  1)質問して相手の話を聞く

  2)仮説をぶつけて反応を見る

  3)現場を見る