読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【読書レビュー】年間100冊の軌跡

年に100冊読むと決めたので、その記録を残すためのブログ

【読書レビュー】『社長失格』 板倉 雄一郎

このブログでは、毎回自身で読んだ本について、その内容と骨子をまとめたものを掲載していくものである。

 

f:id:manganogakumon:20170212174650p:plain

 

■お薦め度:★★★★★

 

■タイトル:『社長失格』

 

■著者:板倉 雄一郎

株式会社ハイパーネット代表取締役社長

1963年千葉生まれ、独身。

83年ゲームソフト会社設立。

ダイヤルQ2サービス会社の社長を経て、91年株式会社ハイパーネット設立。

97年負債総額37億円で破産。98年自身も同26億円で自己破産。

f:id:manganogakumon:20170212174809p:plain

 

<著者の主張>

イケてるベンチャーの終焉

 

<ポイント>

とにかく当たれる人にはすべて計画書をもって資金調達に走った。

30回線の東京サービスセンターを開設した初月の売上は約300万円。それが翌8月には3000万円に達した。一時は月間で1億円に迫る売上を誇った。

 

用語:

第三者割当増資

会社の資金調達方法の一つであり、株主であるか否かを問わず、特定の第三者に新株を引き受ける権利を与えておこなう増資のこと。

 

セオリー。小さくテストして、大きくスタートする

 

プレゼン後に「何か質問ありますか?」というが、金融機関に関しては、まず質問がでたことがない。

 

まぁいざとなれば、俺のしゃべりでなんとかなるさ。それで十分顧客を満足させられる。

 

とにかく目の前の理屈よりも先に慰謝料を払った方がビジネス上は得策だと諭された

 

幹部社員は逃げ出す。提携先の重要人物は辞めてしまう。それまでの基幹事業はトラブルで大事な客を失う。おまけに肝心のハイパーシステムまで事故が起きて、売上が落ちる。これだけ並べると株式公開を予定している会社にはとても見えない。

 

企業の失敗とは、大抵の場合目の前の「当たり前」が見えていない時に起こるものだ。

 

 

ワラント債
発行会社の株式を買い付ける権利の付いた社債のことをいいます。この権利のことを、ワラント新株予約権)と呼んでいます。ワラント(権利)を実行することを「行使(こうし)」する、実行しないことを「放棄」するといいます。