読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【読書レビュー】年間100冊の軌跡

年に100冊読むと決めたので、その記録を残すためのブログ

【読書レビュー】『小説 盛田昭夫学校』 江波戸 哲夫

このブログでは、毎回自身で読んだ本について、その内容と骨子をまとめたものを掲載していくものである。

 

f:id:manganogakumon:20160704233503p:plain

 

■お薦め度:☆☆

 

■タイトル:『小説 盛田昭夫学校』

 

■著者:江波戸 哲夫

 1946年東京都生まれ。東京大学経済学部卒業。都市銀行、出版社を経て、1983年作家活動を本格的に始める。

 

<著者の主張>

 

<ポイント>

ビジネスに敢闘賞はないのです。ビジネスとは努力したものが実を結ばなければ、報いられたとはいわないのです。

 

セールスは教育。いろんな人を情熱的に説得してらっしゃったけれど、私はあなたに最も強烈に説得された一人

 

今に日本中が、いや世界中がこれを必要とするようになる。お宅にも世界中から注文が殺到しますよ。

 

人が何かを買うときに重要なのは画期的かどうかではなく、自分にとって価値があるかどうかだ

 

井深はなにかを開発するとすぐに興味を失って、まだ答えのでていない未知の世界にのみ興味を惹きつけられるのだ

 

父より 跡取りとして家業を継ぐとおもったが、、

昭夫、お前の一番好きなことをやりなさい

 

盛田は別人になりすまして早川電機(シャープ)の生産ラインをみることにした。

 

アメリカ事業展開の際

きちんと自分の足を運び、取引相手を見なくては駄目だ。

 

ブローバー社 2年で10万台をブローバー社の製品として売りたい

 ⇒断る判断

 50年前には貴社のブランドも、今のSONYと同様、誰も知らなかったでしょう。我が社は今その50年の一歩を踏みだそうとしているのです。50年の第一歩を踏みだそうとしているのです。50年後にはSONYも貴社に負けない有名ブランドになっているでしょう

 

テープレコーダー

松下が必死になって自社の製品をキャンペーンすればするほど、東通工の製品も売上が伸びた。複数のメーカーが参加して市場を活性化させることが、一社独占よりいいことを思い知らされた。

 

 

用語

いかめしい

人にこわい感じを与えるような、きびしい様子だ。威圧的だ。