読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【読書レビュー】年間100冊の軌跡

年に100冊読むと決めたので、その記録を残すためのブログ

【読書レビュー】『間違いだらけの「優秀な人材」選び』 奥山典昭

このブログでは、毎回自身で読んだ本について、その内容と骨子をまとめたものを掲載していくものである。

 

f:id:manganogakumon:20160619221742p:plain

 

■お薦め度:☆☆

 

■タイトル:『間違いだらけの「優秀な人材」選び』

 

■著者:奥山典昭

概念化能力開発研究所株式会社代表取締役。大学を卒業し、社会人になってすぐに香港現地法人へ出向。帰国後大手電機メーカー、上場消費財メーカー、人事系コンサルティング会社などを経て、1999年に独立し今の会社を設立。

 

<著者の主張>

 

<ポイント>

生産性を高めるための最適化を図るのが経営者の仕事

 

人材アセスメント:厳しい場面を設定し、受講者の行動を分析し「仕事力」を診断する手法。

 

着目すべきは、仕事の質を支配する「人格的仕事力」

 

仕事が出来る人=生産性が高い人

 

礼節を守れない人間=採用は見送るのが賢明

 

モチベーションの低い人にはインセンティブで

 

概念化能力

1)勉強脳:情報をインプットして保管し、状況や必要に応じて適切にアウトプットする頭

2)仕事脳:情報をたくさん集め、今までになかった新たな理論を作る頭

f:id:manganogakumon:20160619222410p:plain