読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【読書レビュー】年間100冊の軌跡

年に100冊読むと決めたので、その記録を残すためのブログ

【読書レビュー】『オレ様化する子どもたち』 諏訪 哲二

このブログでは、毎回自身で読んだ本について、その内容と骨子をまとめたものを掲載していくものである。

 

f:id:manganogakumon:20160530225043p:plain

 

■お薦め度:☆☆

 

■タイトル:『オレ様化する子どもたち』

 

■著者:諏訪 哲二

1941年千葉生まれ。「プロ教師の会」代表。東京教育大学文学部卒業。立川越 女子高校教諭を01年3月に定年退職。

 

<著者の主張>

 

 

<ポイント>

良い教育とは「のびのびして厳しい教育」

 

今や「客観的」と「主観的」の境界はなくなった。主観と客観の近代の二分法はもはや成立しない。「自分がこう思う」はみんなも思っているに違いないと確信する子ども。

⇒「オレ様化」する子ども

 

 

■用語

メルクマール:目印・指標