読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【読書レビュー】年間100冊の軌跡

年に100冊読むと決めたので、その記録を残すためのブログ

【読書レビュー】『生きがいの本質―私たちは、なぜ生きているのか』 飯田 史彦

このブログでは、毎回自身で読んだ本について、その内容と骨子をまとめたものを掲載していくものである。

 

f:id:manganogakumon:20160505063947p:plain

 

■お薦め度:☆☆

 

■タイトル:『生きがいの本質―私たちは、なぜ生きているのか』

 

■著者:飯田 史彦

1962年、広島生まれ。学習院大学大学院経営学研究会を経て、1990年に国立福島大学経済学部経営学科に助教授として赴任、現在に至る。

一番の楽しみは、愛する家族(妻・娘)と過ごすこと。 

 

f:id:manganogakumon:20160505064027p:plain

<著者の主張>

 人生は思い通りにならないことを学ぶ場。

輪廻転生を通じて、様々な経験をする。

来世や前世を信じることで今の人生を受け入れやすくなる。

 

<ポイント>

私たちは物質世界で人間として生きる妙味(思い通りにならない)を味わうたために自分の意志で生まれてくることを選んだ。

 

三種類の苦悩(死、病気や障害、人間関係)を通じて学ぶためにわざわざ生まれてきた。生まれてこなければ体験できない貴重な学び。

 

親の最初にして最大の恵み

愛していると伝えることよりも、人を信頼するということ、自分という存在に自信を持たせてやること。

 

子供はどの人生でも必ず持たなければいけないわけではない。

 

ソウルメイト

何度もの人生でわざと身近に生まれ変わり、互いに切磋琢磨している相手

 

結婚したいが踏み切れない女性

 ⇒心の傷

 ⇒今回は結婚しないという考え

 

失恋ほど大きな成長の機会はない