読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【読書レビュー】年間100冊の軌跡

年に100冊読むと決めたので、その記録を残すためのブログ

【読書レビュー】『映画の見方〉がわかる本80年代アメリカ映画カルトムービー篇 ブレードランナーの未来世紀 』 町山 智浩

 

このブログでは、毎回自身で読んだ本について、その内容と骨子をまとめたものを掲載していくものである。

 

f:id:manganogakumon:20151212101613j:plain

 

■お薦め度:★☆☆☆☆

 

■タイトル:『映画の見方〉がわかる本80年代アメリカ映画カルトムービー篇 ブレードランナーの未来世紀

 

■著者:町山 智浩

1962年東京生まれ。早稲田大学法学部卒 

 

<著者の主張>

映画には大きな時代背景(バックグランド)が あり、作品をバックグランドから紐解く

 

<ポイント>

■クローネンバーグ

ザ・フライ「彼は醜くなったのではない新しい美しさを手に入れたのだ」

フランケンシュタイン「彼らは限界を超えるために危険を冒し、傷つき、他人を傷つける。それが人間というものだ。科学者に限らない。芸術家や作家も同じことをする。敢えて危険をおかす。わたしもその一人なんだよ」

 

マーシャル・マクルーハン:人間拡張の理論

テレビに映るすべての事象は視聴者にとって生の体験なのだ。テレビこそが現実であり、現実はテレビに劣る。