読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【読書レビュー】年間100冊の軌跡

年に100冊読むと決めたので、その記録を残すためのブログ

【読書レビュー】『君にはもうそんなことをしている時間は残されていない』 千田 琢哉

このブログでは、毎回自身で読んだ本について、その内容と骨子をまとめたものを掲載していくものである。

f:id:manganogakumon:20151107122350j:plain

 

 

■お薦め度:★★★☆☆

 

■タイトル:『君にはもうそんなことをしている時間は残されていない』

 

■著者:千田 琢哉

次世代創造館 代表。イノベーション クリエイター。愛知県生まれ、岐阜育ち。東北大学教育学部教育科卒。日系損害保険会社本部。大手経営コンサルティング会社を経て独立。

f:id:manganogakumon:20151107122437j:plain

 

<著者の主張>

もっと自分を大切にして生きていい。君にはもうそんなことをしている時間は残されていない。悩まずに、判断をもっと早くすべき。

 

<ポイント>

・指示された雑用の理由をいちいち聞かない。雑用の理由なんて、相手から教えてもらうものではない。つべこべ言わずにさっさとやって自分で気づくもの。

・1分以上、ふて腐れない。

 ⇒ふて腐れるときはトイレなど誰もいないところで、

・1分以上、部下を叱らない。

無断で1分遅刻してきた相手とはもう会わない。

仕事の電話は、1分以内。

 ⇒「ごめんなさい。お忙しいと思いますので、結論からいきます。」

1分以上、睡魔と戦わない。眠くなったら、寝る以外に方法はない。

 ⇒熟睡して、スカッとした頭で勉強や仕事をしよう。

通勤電車で、寿命を削らない。

打ち合わせは立ち話ですませる。

つまらない話には関わっていけない。

1次会で消える技を身につける。

お礼状は当日書いて、当日投函する。

商談終了後、その日のうちに方向性の確認のメールをする。

「念のため本日はいかがですか?」と聞いてみる。

お金の貧乏はまだしも、時間の貧乏は致命的、「いつでもどうぞ」と言えるようになれば継続的な成功者。

入社1ヶ月で辞めた人は以外に成功している。

1ヶ月かかると思い込んでいる仕事は1週間で終わる。

昇進をほのめかされたのに、そうならなかったら辞める。

 ⇒口約束を破る人は永遠に破り続ける。

準備ばかりしていると、本番なしで人生は終わる。

最初から納得する姿勢のない人には教えない。

尊敬できなくなった師匠には見切りをつけていい。

お礼を言いそびれた人には今からでもお礼を言おう。