読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【読書レビュー】年間100冊の軌跡

年に100冊読むと決めたので、その記録を残すためのブログ

【読書レビュー】『コミック版 9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方』 福島 文二郎

このブログでは、毎回自身で読んだ本について、その内容と骨子をまとめたものを掲載していくものである。

f:id:manganogakumon:20151101114629j:plain

 

■お薦め度:★★

 

■タイトル:『コミック版 9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方』

 

■著者:福島 文二郎

JSパートナー株式会社代表。東京ディズニーランドがオープンした1983年に第一期の正社員としてオリエンタルランドに入社。2007年の退社までディズニーの研究を100プログラム以上開発する。2009年にJSパートナー株式会社を設立。

 

<著者の主張>

東京ディズニーリゾートには、毎年推定4000万人ものゲストが訪れる。東京ディズニーランドのリピート率98%世界一。ディズニーでは、約1万8000人のアルバイトを常に雇用し、毎年半分近い9000人くらいが退職し、年間3回3000人近いアルバイトを採用している。

アルバイトの出入りが激しいにも関わらず、ディズニーが非常に高いクオリティで楽しさを提供できるのは、「人は経験で変わる・育つ」の信念のもと、人を育てる堅実な仕組みのおかげである。

 

<ポイント>

人は「自分が扱われたように人を扱う」 バイトの態度は上司の鏡

 

行動の優先順位:SCSE 

Safety(安全性)、Courtesy(礼儀正しさ)、Show(楽しさ)、効率(Efficiency)

 

リーダーシップの2つの要件:

1)ホスピタリティ・マインドをもっていること

2)自分が模範になること

 

仕事を成果だけに注目しない

 

思いやりは行動しなければ伝わらない

 

現場のモチベーションを高めるには

1)いつも笑顔で

2)アイコンタクトをとって

3)挨拶を交わしている度合いが非常に高い

 

自らで行動し、良い所はすぐに褒める

 

仕事を任せることで、人は育つ

 

FBで自信をもたせる