読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【読書レビュー】年間100冊の軌跡

年に100冊読むと決めたので、その記録を残すためのブログ

【読書レビュー】『素直な心になるために』 松下 幸之助

このブログでは、毎回自身で読んだ本について、その内容と骨子をまとめたものを掲載していくものである。

f:id:manganogakumon:20150419075643j:plain

 

 

■お薦め度:★★

 

■タイトル:『素直な心になるために』

 

■著者:松下 幸之助 

松下 幸之助は、日本の実業家、発明家、著述家。 パナソニックを一代で築き上げた経営者である。異名は経営の神様。 自分と同じく丁稚から身を起こした思想家の石田梅岩に倣い、PHP研究所を設立して倫理教育に乗り出す一方、晩年は松下政経塾を立ち上げ政治家の育成にも意を注いだ。(Wiki

 

<作品の概要>

お互い人間がみずからを実現するためには、それを実現するにふさわしい考え方、態度、行動をあらわしていくことが肝心だと思いますが、その根底をなすものが「素直な心」と考え、

その意義、内容、効用、なかった場合の弊害、養うための実践をまとめた一冊。

 

 

<心に残った言葉>

素直な心の内容10箇条

・私心にとらわれない

・耳を傾ける

・寛容

・実相が見える

・道理を知る

・すべてに学ぶ心

・融通無碍(ゆうづうむげ:臨機応変のこと)

・平常心

・価値を知る

・広い愛の心

 

■効用10箇条

・なすべきことをなす

・思い通りになる

・こだわらない

・日に新た (現状にとらわれず、新しいものを生み出す)

・禍を転じて福となす

・つつしむ (謙虚)

・和やかな姿 (対立や争いが起こりにくくなる)

・正邪の区別

・適材適所の実現

・病気が少なくなる

 

■弊害10箇条

・衆知が集まらない

・固定停滞

・目先の利害にとらわれる

・感情にとらわれる

・一面のみを見る

・無理が生じやすい

・治安の悪化

・意思疎通が不十分

・独善に陥りやすい (例:ヒットラーダイバーシティ

・生産性が低下する (無駄や非効率が多くなる)

 

■実践10箇条

・強く願う

・自己観照 (客観的に自分を見る)

・日々の反省

・つねに唱えるあう

・自然と親しむ

・忘れないための工夫

・体験発表

・グループとして