読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【読書レビュー】年間100冊の軌跡

年に100冊読むと決めたので、その記録を残すためのブログ

【読書レビュー】『孫正義の参謀: ソフトバンク社長室長3000日』 嶋 聡

このブログでは、毎回自身で読んだ本について、その内容と骨子をまとめたものを掲載していくものである。

f:id:manganogakumon:20150228095919j:plain

■お薦め度:★★★★

 

■タイトル:『孫正義の参謀: ソフトバンク社長室長3000日』

 

■著者:嶋 聡

1958年岐阜県生まれ。名古屋大学経済学部卒業。松下政経塾第2期生。1996年より衆議院議員に当選。3期9年を務める(新進党民主党)。2005年孫正義を補佐するソフトバンク社長室に就任。2014年4月より同社顧問。

 

■著者の主張

2014年ソフトバンクが売上6兆7000億円に達し、営業利益1兆円を超えたるまでの著者がソフトバンク社長室長としての8年3000日での出来事を綴っている。

(営業利益1兆円を超えた会社は日本経済史上NTT、トヨタ自動車ソフトバンクの3社のみ。NTTは創業から118年、トヨタは65年、ソフトバンクは創業から33年の最短、最速での営業利益1兆円を達成。)

 

■主な出来事

ソフトバンクアカデミー 

ボーダフォン日本法人の買収 3分の1の幹部が消える

純増ナンバーワン、犬のCM開始

ジャック・マーへの20億円の投資

iPhone独占販売のジョブスとの裏話

光ファイバーの開放

「光の道」構想

東北大地震から自然エネルギーへの挑戦

 

■印象に残った内容と言葉

孫社長は大風呂敷を広げる経営者。

「有限実行はいい。自分を追い込んでいけるから」「10年以内にNTTドコモさんを抜きます」

 

孫社長、19歳で「人生50年計画」20代で名乗りを上げる。30代でぐう資金を貯める。軍資金は1000億円、2000億円と数える規模でなければならない。40代でひと勝負する。1兆、2兆と数える規模の勝負をする。

→48歳でボーダフォンを買収

 

「倒れそうだったらどうすれば自転車が倒れないか教えてやる。もっと必死にペダルを漕いでスピードを出せ。そうすれば倒れない。」

 

「絶対に勝つのだ。『勝ちグセ』をつけなきゃいけない。そのためには一度でもナンバーワンをとるのだ。1回勝ったら勝ちの味がわかる。そうすれば社員の士気が上がり、モラルも向上する」

 

「アリババのジャック・マーには動物的に『におい』を感じた。目つきが違った。だから投資を決めた。」

1億か2億でいいというジャック・マーに対して、20億の投資を即決。

 

iPhone独占販売について

「ジョブスとは金銭的な条件の交渉は一度もなかった。何台買えとか、いくらで買うのだという話は全くない。そんな次元じゃないんだ」

 

1兆円への道はイノベーションの連続。NTTの弱点は意思決定の遅さ。

 

53歳からの後継者育成、ソフトバンクアカデミー「後継者育成には10年かかります。」

 

「借金が少額のうちは債権者が強者で債務者は弱者だが、額が増大するやこの関係は逆転する点をカエサルは突いた

 

資金調達について「お金は天から降ってくる」

 

一流の勝負師なら、最悪を想定しなくてはならない。

 

松下政経塾の最終試験、松下幸之助塾長本人の面接。選考基準は「運」と「愛嬌」。「運はその人を見ればわかる」