読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【読書レビュー】年間100冊の軌跡

年に100冊読むと決めたので、その記録を残すためのブログ

【読書レビュー】『日本人のためのピケティ入門』 池田信夫

このブログでは、毎回自身で読んだ本について、その内容と骨子をまとめたものを掲載していくものである。

f:id:manganogakumon:20150208193010j:plain

 

■お薦め度:★★☆☆

 

■タイトル:『日本人のためのピケティ入門』

 

■著者:池田信夫
経済学者。1953年生まれ。東京大学経済学部卒。NHK退職後、現在は株式会社アゴラ研究所所長。

 

■著者の主張

トマ・ピケティの『21世紀の資本』の要点をまとめた本。

資本主義が進み、資本家と労働者の格差は拡大してきているが、資本主義より効率の良い経済システムは存在しない。

そのため、ピケティは、「グローバルな資本課税」によって、これ以上の不平等を防ぎ、保護主義や過剰介入から資本主義を守ろうとするもの。

 

■用語:「資本主義の根本的矛盾」

r>g

r=資本収益率、g=国民所得の成長率

つまり、資本収益率が成長率を上回り、資本家と労働者の格差が開くということ。